2019年

5月

08日

からだの声 聞いていますか

 10連休と言われたゴールデンウィークが終わりました。どのように過ごされましたか。お天気が不安定で 気温差も大きく体調を崩された方も多かったのではないでしょうか。

 私が気になっているのは 鼻水 のどのイガイガ 咳 熱など風邪に似た症状です。というのも ご来店いただくお客様のお腹から下肢 足首回り がとても冷たいのです。これでは身体の働きは十分に機能しないように思います。ご本人は「暑いです」と訴えられるのですが、玄米カイロを冷えている個所にあてていると 気持ちよくお休みになり施術で循環がよくなって じんわりと汗をかくことでほてりの熱が発散してスッキリされます。鼻水などの症状もかなり改善されます。

 これからの季節 陽射しが強く 確かに肩ごしの暑さはかなり感じます。 が 何故か足元まで暖かくなっているようには思えないのです。水道の水が冷たいうちは地表は冷たい 冷えているということかと思っています。その上に陽射しの暑さや暖かい空気は上にあがるので 暑い と感じてしまい クーラーを入れたりします。当然冷たい空気は冷えている足元に溜まります。身体はその冷たい空気に冷やされて「上実下虚」という 身体には負担がかかり 体調不良の原因になりかねません。体を冷やすと筋肉は弾力を失くして 身体の働きが悪くなります。今一度 自分の生活を見直してみませんか?

 

  今月も 矢作先生の「長生きにこだわらない」から 気になるところを抜粋させていただきます。

 P130

 薬に頼り過ぎると免疫力が弱くなる

 

 病(病気)には、それぞれいみがあります。

 すべての病気は普段の生活の中でうまれるもの。

 したがって発病は、それまでの生活を見直す絶好のチャンスです。

 (省略)

 まず、体から出ている声を聴いてください。

 病院(例えば内科)では問え診をし、必要なら処方箋を書きます。でも薬を飲んだからと言って、薬が治すわけではありません。薬を全面否定するものではありませんが、薬は人体の免疫システムがウィルスを殺菌、排除するまでの時間稼ぎです(例えばがん疼痛の投薬などに関してはここに含みません)。

 発熱などの症状は人体にとって必要だから生じているのであり、一時的な処方ならまだしも、常に薬を服用していると、その人が持っている免疫力はどんどん弱まっていきます。(略)

 発病が生活を見直すチャンスというのは、そういうことです。 自分をよく知ること、自分をよく見つめること、自分を大事にすること、心の底から体に感謝すること。(略)

 

 調子が悪いと感じたら、まずは体の声を聞く

 

           「長生きにこだわらない」 矢作直樹著 より  

2019年

4月

17日

出会い

 東京はソメイヨシノから八重桜と桜の季節が移っていきました。

 春は行ったり来たりで、一日の気温差や昨日との気温差が大きく 身体には大きな負担がかかり 4月に環境が変わったりすると 今頃は疲れがピークかもしれませんね。

 出会いというのは 3月に文響社出版 『長生きに こだわらない』東京大学名誉教授 矢作直樹著 の本に出会ったことです。整体という仕事を続けていく中で 身体のこと、健康のこと いろいろと気づくこと 感じることがあり お客様に話してきた内容がドクターの立場でも感じていらっしゃった事を知って 自分が間違っていなかったんだな と思わせていただきました。そんな内容を改めて 1ヶ月に1つずつご案内できればと思っています。ここからは一部引用です。

 

 P63

 ちょっと不便な生活を楽しむ

 体をほどほどに動かす習慣があれば、自然と転びにくくなります。筋力の維持や関節の可動域を維持できるからです。

 すると血液の循環も適度に保たれます。内臓の働きを後押しし、脳内環境を好転させることで記憶力や空間認知力も向上します。

 つまり結論から言うと、体をほどほどに動かすことで内臓や脳の健康を維持し、日常を快適化できるということです。

 これが自律した生き方です。

 ただし加齢で筋の不具合(脳血管疾患、認知症、頸椎の変形や後縦靭帯骨化症、神経や筋の変性疾患など)が隠れていることもあります。何かおかしいと感じたら、医療機関で見立てをしてもらうこと。(後略)

 

 P67

 「勝手にやってもらう」に慣れない

 (前略)(p68)勝手にやってくれる(やってほしい)という姿勢の先に待ち受けるのは、心身の硬直化です。人は便利さへと舵を切りたがりますが、動物として持っている機能、本能という視点で見れば、ある一線を越えてはなりません。

 その一線こそ、自ら動き、自ら考える「主体性」です。

 機械がやってくれたらいい、便利だと、もし考え始めたら、自身の筋肉や反射神経が確実に低下していると思ってください。脳機能も低下します。

 主体性を放棄する、一線を越えるというのは、そういうことです。

 「不便だけど、不幸じゃない」

 そんな言葉があります。不便は必ずしも不幸ではありません

 転ばないようにと散々、便利にした結果、動かなくて良くなり、むしろ体が硬くなるとか、転びやすくなってしまうことだってあるのです。

 

 と記されています。

 暖かい季節にもなりました。

 是非 出来る範囲で体を使い 動かして 身体の声を聴き 笑顔で過ごしましょうね!

 無理はいけませんが、 ほんの少しだけ負荷をかけてみるのもいいかもしれません。

 勿論 ゆっくり 深い呼吸とともに(#^.^#)

 素敵な春を楽しんでくださいね。

 

  *赤字部分は私が そうそう と思った箇所で色を付けました。

2019年

3月

05日

春を迎えて

 書きたいこと お伝えしたい思いが沢山のありすぎて 2月書けなかった事 とっても反省しています。

 季節というか自然の移りゆく姿を感じていると 一斉に何かが変わっていくのではなく その場所 そこだけが取り残されていたり 先に進んでいたり と思うことが多くあります。きっと 地面の温度が違っていて 自然環境に影響しているのかな。そしてそれはそのまま 私たちの身体にも影響してくるように思っています。

 今年はまだ たんぽぽの花を見かけることがありません。お日様は 光は出ているけれど

何かが届いていないのかな?っと 少し不安になります。

 これから 気温の高い暖かい日が多くなると思いますが、気温を測る百葉箱は1メータ位の高さで計っています。地表の温度はもっと低いので、足元は温かくして過ごした方が『頭寒足熱』になり 身体は楽なのではないかと思われます。季節の変わり目は気候の変化が大きく 自律神経系の疲れも考えられますので 少しはご自分の身体を助けて お腹から下は温かくしてお過ごしくださいね(#^.^#)そして お日様が出ている日は お日様にあたって

身体を温めてもらいましょうネ♡紫外線の摂取も色々ありますが 何事も極端に走るのは良いことにはならないように思います。ご自分の身体の声をよく聞いて ご自分に相応しい環境を調えて 楽しい春にしましょうね~

2019年

1月

09日

迎春

 新しい年が明けて 東京は穏やかな暖かいお正月を迎える事ができました。

 昨年は天候不順で 自然災害も多く 人の心を不安にさせたり 何らかの形で

身体に支障をきたす事があったように思います。

 

 この冬に感じることは 昨年の夏が暑かったので 冷房や冷たい飲食物でかなり身体を冷やし続けて 秋が短く そのまま冬に入ってしまった事で 秋の季節に身体を調えるタイミングがなく 冷やした身体に 追い打ちをかけるように冬の寒さがやってきて 身体の機能が鈍くなって 鼻水や熱など 風邪のような症状をきたしている方が多かったように思います。ご来店いただいたお客様の身体は ほとんどの方が お腹がとても冷たく しなやかであってほしい筋肉は冷たく硬くなって 身体の流れが滞っていました。お腹が冷たいと身体は冷えて 働きは鈍くなります。玄米カイロで温めながら身体の働きを回復させるようにしました。火照りの熱は身体が冷えてSOSを出しているサインなのですが、それに気づかず熱いからと 薄着や冷たいものを飲食して何も感じない身体になっていた方もいらっしゃいました。何回かご来店頂く事で身体が動き出し ご自分の身体が冷えていたことに気づかれる

ことも しばしば ありました。雪山のように一気に冷えれば気が付くのでしょうが 少しづつ冷えが溜まっていくことに気が付く方は あまり多くはいらっしゃいません。

 今一度 ご自分の身体に目を向けてみませんか?身体が冷えれば 血管壁も筋肉ですから 動きが悪くなり 当然 血圧は上がりますよね。今 ご自分の身体に起きている症状が何から起きているのか もう一度確認してみませんか?

 

 ご来店頂くお客様に 冷えが原因 と 開店以来言い続けております。

多分 今年もお伝えしていくのだろうと思います。何卒 宜しくお願いいたしますm(_*_)m 

2018年

11月

15日

気になること

 気がつけば 11月半ば 以前ですと 七五三祝いの日 15日ですね。

 今年は季節の趣を楽しむことがあまりなく 各地の地震や台風 線状降水帯などの災害に心 痛めた日々が多かったように思います。まだまだ 被災地の方々は復興に向けて頑張っておられる事でしょう。また 夏の異常な気温に体調を崩された方も多くいらっしゃるのではないでしょうか。 

 この異常な暑さのために 冷房 氷菓子など 身体を冷やすものの中にどっぷり浸かって 身体のセンサーが感知しなくなっていませんか?足元を冷やしすぎて お腹が緩くなったり

鼻水が出たりしていませんか?お腹が悪い とか 風邪をひいた というより 身体の芯が冷えて 身体がSOSを発信しているのです。今でも素足の方とか見かけますが 足が暑いと感じるのは 身体の芯が冷えて身体が熱を必死に作り動かそうとしているからです。そして その熱を足の裏や掌から出そうとするので 暑いのです。それを 暑いと感じて冷やすため悪循環になって 身体はどんどん冷えて機能の動きが悪くなり 痛みやだるさ 頭痛 下痢など寝ても疲れが取れにくい となって 自分の弱いところに症状が出やすくなります。一度 しっかり身体を動かしたりして汗をかいて 冷えを出しませんか。

 このまま 冷え続けると決して身体によいことはないと思います。

 本格的に寒くなる前に体調を整えて 日々 笑顔で過ごせるようにしましょう(*^_^*)   

 

2018年

9月

19日

秋を迎えるにあたり

   残暑が厳しい夏が秋色に染まりかけてきました。

 無事に暑い夏を乗り越えられましたでしょうか

 季節の変わり目は身体も変わりゆく季節に合わせるために変わろうとします

 今年はかなり クーラーにお世話になって過ごされたことでしょう。そして いつの間にか身体の芯が冷え切ってしまったのではありませんか?そのために 身体が気温で暑いというより 火照りで熱くなっていませんか

 かなり多くのお客様が 身体の芯が冷えたことにより身体の気・血・水の流れが悪くなり

熱く感じて 冷房で冷やしすぎる という悪循環を繰り返したのではないでしょうか。このところ 風邪気味 というのもこの冷えからきている可能性があります。一度この冷えを流して 身体の流れを感じましょう!重だるい身体を少し動かして 汗をかいてみませんか

この時期 夜になると 吹く風は肌寒さを感じます。身体の芯が冷えたままで寒い季節に入っていくと 個人差はあると思いますが 体調はかなり 負担が重くなるように思います。自分の身体の弱いところや古傷が痛くなる というようなことも出てくるかもしれません。暑くて食欲もなかった ということであれば なおさらです。

 お天気の良い日に お散歩やラジオ体操 など 身体を動かして 美味しく食事をほどほどにいただき 良い睡眠で疲れた身体を 冷えた身体を整えて 青空のきれいな秋を迎えましょう!  

2018年

8月

01日

暑い夏に寄せて

 あっという間に 自然災害 気候災害の多かった 7月がとおりすぎていきました。

  被害に遭われた方々には お見舞い申し上げますm(_*_)m

  一日も早い復興を願うばかりです

  

 

 今年は 危険な暑さ という言葉が多く聞かれます。無意識に ひたすら どうやって 

冷やそう と反射的に思ってしまう自分がいます。熱中症での搬送は記録更新という残念なニュースも伝わってきます。

 今年の夏は どう 自分を守るか 漠然とした日々との対話かもしれません。

 自分の身体を過信してもいけないし 甘やかしてもいけない。個人個人に向けられた課題なのかもしれませんね。

 私もついつい 横になりがちな日々を過ごしていると 次第にお腹 背中 足 に上手く力が入っていないような感覚になってきました。そこで クーラーが効いている部屋ですが

 幾つかのストレッチをしてみました。

 

 1 前後に足を開いて(少し大股に歩く 感じ)で上体はそのまま 前に出したひざを曲げ                  る。後ろ足は できるだけ 踵を床に着ける。膝を曲げたときに 息をゆっくり吐く。              これを 10回 前に出す足を入れ替えて 10回。股関節が伸びる感じ、足首が伸びる

   感じを味わう

 

 2 左右に脚を開いて お相撲さんのように 膝を曲げるように 上下に身体を動かす。

   ゆっくり 無理をしないで 下に降りるときは 尾骶骨を真っ直ぐ下に 上がるとき         はマリオネットのように 頭のてっぺんから 引っ張りあげられるような感じで 

    呼吸と一緒に セットで10回

 

 3 2の脚を開いた状態で ゆっくり 体重を右に移動 真ん中に戻して 左に移動。 

   移動の時に息を吐いて 戻る時に吸う。 股関節が広がる感じが少しでもすればOK。    

    これを10回。.

 

 1、2、3 共に 上体は楽に 力をぬいて 真っ直ぐにできると いいですね!(^^)!

 できるようになれば 回数を増やしたり 歩幅を広げたり 自分なりのアレンジをしてみて下さいね(^o^)/

 

 じんわり だったり しっかり だったり汗をかいて 身体が軽くなるようになりました

 

 疲れたから休む。事も大事かもしれませんが、気づかないうちに冷え切った身体 その身体を動かして見ることも 大切な事だと つくづく思いました。

 回数も 3回からでも 5回からでも その時のご自分の体調に合わせて 出来る事をして 夏を乗り越えて やがて来る 楽しい秋に備えましょう!

 使わないでいると 身体は衰えていきます。

 体調管理はしっかり 自己責任。

 誘惑する 冷たいもの 甘い物 に負けないで!

 甘える自分を勇気づけて 夏を乗り越えましょうね(^_-)-☆

2018年

6月

12日

気をつけて♡

 東京も梅雨入りして 数日が経ちましたね。

 朝晩と日中の気温差も大きいですが 昨日と今日 という日によっても 気温差や湿度が違い 自律神経にかなりの負担がかかっているように 思います。

 湿度が高くなると 蒸し暑く感じますが 空気中に水分が多いということは 身体を冷やす事にもなりかねません。その上 暑い と感じて 冷たい物を食べたり 飲んだりし過ぎると体の中もしっかり冷えてしまします。冷たい って 動きが悪くなってしまう事です。お腹(胃、腸など)も 血液の流れも 筋肉の弾力も悪くなりがちです。身体はだるく 重く感じて なかなか 疲れがとれにくくなります。身体が冷える事で睡眠の質も変ってきます。

気が付かないうちに 悪い循環にならないように 冷えには十分 気を付けてくださいね♡

 冷えて体温調整もされにくいことで 熱中症にもなりやすい事が考えられます。こまめな水分、ミネラルの補給は勿論 ですが 上手に体調と付き合っていきましょうね(*^_^*)

これから本番の 夏 がやってきます。この季節は体調と相談しながら暑さに身体を慣らしていく様に努めましょう!どうか 皆さん 身体の声に耳を傾けてくださいね♡ 

2018年

5月

04日

治癒力?

 ゴールデンウィーク 後半 いかがお過ごしですか?

いつもと生活のリズムが違って ゆっくりされていますか?夜 遅くまで楽しい時間を過ごされていますか?ゆっくりするつもりが 意外とおおよそいつもと同じタイムラインで生活していて それが仕事というしばりがないだけ 身体が楽に感じている不思議を味わいました。

 そう 身体って 自然に自分の生活リズムが刻み込まれているのでしょうね。

 私が時折感じるのは 25時以降に寝る生活を2~3日続ける(当然睡眠不足 身体が重い だるいなどの症状が出てきます)と 歯茎が腫れてきます。

 あ~~ やっちゃった(>_<) と思う瞬間です。

 特別 薬をつけたり服用することはありませんが治るまで 早目の就寝を心掛けて1週間~10日位かかってしまいます。以前は抗生剤や痛み止めを飲んだりしていましたが 今は自分の治癒力を信じて 治ることの過程を楽しんでいます身体を冷やす事を控えて お腹を温めて 早めに寝ることで 身体は痛みなどバランスを崩しているところを修正してくれているようです。これが もしかしたら 治癒力 ですね。

 あなたの治癒力は働いていますか?本来 備わっている治癒力 強くするも弱くするもあなた次第です。

 先月も書きましたが 今 この季節は 暑さに身体を慣らす時期。冷たいものやクーラーに 今から調整をお願いすると 今以上の暑さに対応しにくくなります。少し 汗をかく(本来 人が持っている体温調整機能=自律神経の働きの一部)練習をして 暑さに負けない身体をつくりましょう!私たちは生きているので 日々&時間によって 体調は空気のように変って 身体を守ろうとしています。痛み・熱・疲れ 等々も SOS の信号です。もちろん 無理は禁物

 身体の声に耳を傾けて 健康に笑顔で楽しい毎日を送りましょう(*^_^*)

2018年

4月

04日

季節に身体を慣らす事

 こんにちは(*^_^*)

 冬・春・初夏 を目まぐるしく体感させてくれた3月が終わり 新年度の4月がスタート。まだ 数日ですが 4月も天候の変化は大きいことを予想させるお天気の日々。今日も気温が25度を超える真夏日になったようです。このお天気の変化で ちょっと気になり

書いています。

 陽射しの強さで確かに 背中・肩・頭 は暑く感じられると思います。でも 多分 水道の水は冷たくありませんか?という事は足元はまだ 冷たい空気が漂っていて お腹を冷やしたり 身体の冷えの原因になる事があります。頭と足先では温度差があることを知っていて 服装などを選んで欲しいな と思います。また 暑いからと冷たい飲み物や空調に頼らず 身体を少しづつ 暑さに慣らす期間として過ごせると これからくる夏に身体が順応してくれるのではないかと思います。汗を流す事を嫌う傾向があるように感じるのですが、

本来 人間が持っている体温調整機能が発汗という作用だと思います。人間の身体は機械や部品ではありません。身体を季節に慣らしていく事の大切さを感じて下さいね。熱中症対策として水分補給も大切ですが 本格的な暑さになる前に身体を夏使用に変えていくのは 私たち自身です。身体の芯が冷えていれば臓器の働きも弱くなるのではないでしょうか。冬の間はあまり活動的ではない私たちを顧みても 身体の芯が冷えていてはいつも同じように働いてくれる事は難しいのではないでしょうか。手や足裏が熱いから冷えてはいない。と言われる方がかなり多くいらっしゃいます。冷えているから 身体の中の血流が悪くなって末端にうっ血して熱く感じるのでは と私は思っています。どうか しばらくの間 身体を整えて暑さに慣らす日々を送ってくださると 少しは夏の暑さが違うのではないかと思います。どうか身体の声が聞ける感覚を身につけていただけると嬉しく思います。暑いからといきなりアイスクリームや冷たいものを食べたり飲んだりすると お腹も筋肉も硬くなり 血流が悪くなって 身体がだる重く感じ 頭に熱をもったような 体調不良になりますのでお気をつけくださいね♡ 素敵な季節を楽しみましょう!

2018年

3月

05日

スマホ と 肩こり?

 外は春の嵐が吹き荒れています。低気圧の気候で頭が痛いとか体調が悪い方はいませんか?桃の節句が終わり 梅の花 紅梅、白梅が咲き 光はまさに春を告げています。春というだけで嬉しくなりますね(*^_^*)

 さて このところ ご来店されるお客様のお身体で気になることがあります。

 それは 肩凝り。かなり 強烈です(>_<) 

 でも お客様ご自身で気づかれている方といない方がいるようです。そして 様子を見ていると どうもスマートフォンに関係しているようです。スマートフォンを触っている時の姿勢 少し前傾姿勢 で肩が挙がり そして 手首を固定。これって肩甲骨周りの筋肉の緊張が強く そして 胸郭が狭くなって呼吸も浅くなっているようです。という事は 血流が悪くなって 肩凝りから更に背中の痛み 頭が重い、肩甲骨の内縁の痛みや時には筋肉の繫がりから腰痛にもなりかねません。

 「首」とつく所は その部位を動かすことで筋肉が動き血流をサポートします。それを固定してしまうと 血流が悪くなって 滞るようになります。ご自分の健康を考えてスマートフォンと上手にお付き合いしませんか?30分間で休憩 一度深呼吸をして肩の力を抜く。そして 肩を回してみたり 顔を上げて少し遠くを見たり スマートフォンを離して手首をクルクル回してみたり と意識することで改善できるように思います。

 季節の変わり目 それでなくても変化していく時なので身体の中は整えるのが大変です。

 楽しみだから といって身体を酷使すると痛みも感じない身体になりかねません。どうか楽しい春を迎えるにあたって ご自分の生活スタイルを振り返ってみませんか。

 身体が軽くなると 心も軽くなりますよ。

 笑顔ですてきな出会いの春を迎えて下さいね~!(^^)!

 

2018年

2月

15日

立春過ぎて

 今日はバレンタインデー。素敵な時間を過ごされましたか?私は毎年 なかなか上手にこの時間を使えていませんね~(>_<)

 話は変わりますが 暦の上では春に入りました。それに合わせて 冬支度の寒さから体を守るために固くなっていた筋肉のバランスが緩んできます。その緩み方が疲れや冷えで上手くいかずに 肩こりやぎっくり腰などという症状になってしまうことがあります身体を少しずつ動かして 呼吸を深くゆっくりしましょう!身体の動きのフォローをして 季節の変わり目を上手にクリアしましょうね(*^_^*) 朝晩 お布団の中で あくびをして伸びてみるのもいいかもしれませんよ。その時々の自分の身体の声を聞いて 大切にして下さいね♡

 TVでは健康番組が多くなりました。きっと 健康に不安な気持ちをお持ちの方が多いのでしょう。あの食べ物 この食べ物 がいい と言われているうちに 食べる量がかなり増えそうな気がしているのは私だけでしょうか?季節に合わせた旬のものを美味しくいただく 命が通った食べ物をいただく。そして食べたものをしっかり消化吸収してくれる内臓を冷えから守ること何よりも大切だと思っていますが 皆さんはどう 思いますか?

 本当の春もあと1カ月もすれば 足音が聞こえてくるでしょう。今年のお天気もどうなるかわかりませんが、季節の変化と上手に付き合って 健康に過ごしましょう!


【今日の記念日】